ABOUT 関内外OPEN!について

ブロックフェス横浜関内

ブロックフェス横浜関内

関内外OPEN!について

横浜ならではの生活文化を体験できるフェスティバル

8回目を迎える関内外OPEN!8。街をめぐりながら、アート、デザイン、建築、ファッション、食を楽しむ、クリエイティブ・イベント。横浜ならではの体験ができる2日間限定の企画です。
横浜市は、「文化芸術創造都市・横浜」を掲げています。この街にアーティストやクリエイターに集まってもらい、市民や企業などと交流して横浜ならではの魅力づくりをすることで、街を盛り上げていこうというものです。
このイベントでは、関内、関外の新しい生活文化としてアーティストやクリエイターと一緒に楽しむ“街なかフェス”をご提案します。皆様のご来場お待ちしています。

ここに中タイトルを挿入します。

JR関内駅前、みなとみらいと中華街を繋ぐそのエリアは、駅前には横浜DeNAベイスターズの本拠地のスタジアム、そして官公庁街、ビジネス街と横浜の中心的機能が備わっています。横浜が開港し外国人居留地があった頃、彼らを守るために吉田橋というところへ関所が置かれていました。その内と外を表し「関内」、「関外」と呼ばれています。

エリア紹介

ここに中タイトルを挿入します。

アーティスト、クリエイターの仕事場に入って、彼らと一緒にクリエイティブな体験。まるで家に招かれたようなスタジオ内でのイベントは、ひとりでも、カップルでも、家族でも安心して楽しめます。人数限定、お申し込みはお早めに。

イベント一覧

クリエイティブな人と交流ができる

大きなスタジオは、期間中いつでも入れていつでも出れる、気ままにハシゴしながら楽しめるのが魅力。展示やアートグッズの販売などお店感覚で立ち寄れます。横浜ならではの倉庫や防火帯建築を使った空間も魅力のひとつです。

イベント一覧

アート・デザインに触れることができる

実験的な取り組みとして「道路のパークフェス」を開催。関内にあるさくら通りを一部封鎖して、そこに芝生をひいて地産地消のフード&ドリンクが楽しめるオープンカフェ、ものづくり体験、道路にチョークでお絵描、パーキングデイなど盛り沢山。

道路のパークフェス

関内外8

※イベント毎にタイムスケジュールは異なります。開催時間 | 午前11時~午後7時2016.11.5(土)-6(日)

会場 | JR関内駅周辺、街中の約30のアトリエ、ほか